Visual C++ 開発者向け TIPS(最終更新: 2004.08.09)
その他、とりあえず何でも書き込み場所・・・(随時更新: 2005.01.17)

<リンク> MasaHisamura.comトップ統一掲示板
このページは、現在主に自身に必要になりそうで、かつ、今現在必要が無いTIPSを、
メモ代わりに置いているものです。いずれも、情報・動作を保証できるものでは
ありませんので、自己責任でご参照ください。
そして、更新頻度が低いので、とりあえず未分類の情報を仮保存する場所にしています。

■ FedEx で荷物を発送する

国際宅配便のフェデックスは、インターネットで配送状況をトラッキングできるので (誰のサインで受け取ったかまで、逐次荷物の状態を追跡できます) 確実に状況を知りたい荷物(ドキュメント)の発送には便利です。 しかも早い。アメリカ西海岸の場合、当日夜に成田を出て、時差の関係で、 当日の朝に現地に到着(アラスカ経由だったりします)。 そして昼には最寄の空港に到着し(オークランドとか)、 最寄の営業所に運ばれ(サンディエゴ宛だとカールスバッドとか)、 午後には配送が完了するので、気に入っています。
有楽町にある営業所に持ち込むと、集荷してもらうより割引になるので、 いつもそうしていましたが、先日、どうしても早く送りたい荷物があり、調査。
結果、以下のようになったので、書いておかなくては。

東池袋のサンシャイン60の1階にある『MBE』から発送できる。
※ MBEは「Mail Boxes and Etc.」という名前の店で、 アメリカでは何でも発送できる便利な店。パッケージングから配送会社の選択、 そして実発送までやってくれて、ちょっと高い(?)けれど、超便利。
MBEは午後4時までに Fedexに集荷依頼を出す必要があるので、 それまでに受付が必要(受付できればその日のうちに出荷される)。 間に合わなければ翌日扱いで、店は8時まで営業している。
有楽町の営業所は午後5時ぐらいが締め切りなので、ちょっと早め。
しかし! どうやら集荷手数料割引はないようなので、緊急時だけにしよう!
そして2004年12月の情報として、航空燃料費高騰による追加料金11%がプラスされるので、 ドキュメントをアメリカに送るだけで4000円ほどかかります!
郵便局から国際エクスプレスメール(EMS)で出せば1400円程度なので、 それほどまでに重要でない書類は、発送に余裕をもって、EMSで出しましょう!


■ Windows のバージョン番号

Windowsからバージョン番号を取得すると、以下のコードが返ります。
ただし下4桁は、可変です(ここにあるのは参考です)。
Windows 98/98SE 4.10.2222
Windows Me 4.90.3000
Windows NT 4.0.xxxx
Windows 2000 5.0.2195
Windows XP 5.1.2600
Windows Server 2003 5.2.3790


■ 美術館ホームページ

以下、備忘録的URLです。リンク切れ未チェックです。

▽ メトロポリタン美術館(ニューヨーク)
http://www.metmuseum.org
広大な建物の各フロアの部屋ごとに展示を紹介

▽ テートギャラリー(ロンドン)
http://www.tate.org.uk
ターナーの作品200余点のカラー画像が圧巻

▽ ルーヴル美術館(パリ)
http://www.louvre.fr
日本語のサイトがある。館内のパノラマ画像も

▽ エルミタージュ美術館(サンクトペテルブルク)
http://www.hermitagemuseum.org
米IBMの支援で、収蔵品のデータベース化が進んでいる

▽ 川崎市市民ミュージアム
http://www.dnp.co.jp/museum/kawa/jhome.html
企画展の情報は学芸員のコメントが親しみを誘う

▽ 京都国立博物館
http://www.kyohaku.go.jp
特別展のエッセンスをカラー画像で丁寧に紹介

▽ 大東京火災椿絵美術館
http://www1.mediagalaxy.co.jp/tsubaki-e/
同社の社花 椿の絵をネット上で公開する仮想美術館


■ 「各国・地域の主なサイト」日本経済新聞(2003)より

以下、備忘録的URLです。リンク切れ未チェックです。
2003/02/02(JST) リンク調査済みです。

韓国放送公社 KBS, http://rki.kbs.co.kr/
中国国際放送, http://www.cri.com.cn/
中央広播電台 台北国際放送, http://www.cbs.org.tw/
モンゴルの声, http://www.mongol.net/vom/
ベトナムの声 VOV, http://www.vov.org.vn/index.htm
バチカン放送局, http://www.vaticanradio.org/
アンデスの声 HCJB (エクアドル), http://www.hcjb.org.ec/
イラン・イスラム共和国国際放送 IRIB (イラン), http://www.irib.com/Worldservice/japanRADIO/
ロシアの声, http://www.vor.ru/Japanese.htm
地中海の声 (マルタ), http://www.vomradio.com/
FM96.3 (シンガポール), http://www.hello-asia.com/fm.html
Radio Nippon (カナダ), http://www.radionippon.com/


■ 改正祝日法(1998年)

改正祝日法は1998年、 「財政負担をかけない景気振興策」として自由党(当時)の二階俊博衆院議員らの議員立法で成立、 2000年1月から施行された。 それまで1月15日だった成人の日と10月10日だった体育の日を それぞれの月の第2月曜日と定めた結果、 土曜、日曜が休みの人は年2回確実に3連休を取れるようになった。 2001年にはさらに7月20日の海と日と 9月15日の敬老の日をそれぞれの月の第3月曜日とする法案も成立、 2003年から施行されている。
ソース:日本経済新聞 2003