レンタカーで南カリフォルニアを走る (情報:2005.03.まで、記述:2005.03.06.posted)

MasaHisamura.comトップ > フォトエッセイ目次 > レンタカーで南カリフォルニアを走る
<リンク> 統一掲示板
2003.07. ハーバーアイランド

★ 2005年で50周年のカリフォルニア・ディズニーランドの日本語公式サイトは、 こちらです

ハーツレンタカーの日本語サイトは こちらから。料金は高めでも、 ほとんど新車なので安心です。

ドライブに必要な情報は、 「地球の歩き方 ガイドブック B25 アメリカ・ドライブ」 で集められます。十分な事前準備をお勧めします。


LA〜SDなら飛行機より便利

ロサンゼルス国際空港(LAX)からサンディエゴ国際空港(SAN)までは約1時間のフライト。 日本からならうまく選べば追加料金不要で飛べて便利ですが、 問題は待ち時間。 乗り換え時間を十分みると、到着まで結構かかることも。 どうせ San Diegoでレンタカーを借りるなら、いっそ Los Angelesから!
成田からだとたいていは午前中にLA着なので、国際線ではよく睡眠をとっておいて、 『余裕を持った』ドライビングをオススメします。 San Diegoまで直行すれば約2時間ですが、せっかくなので、ゆっくりめに。

赤信号での右折可能ルール、セルフ式給油、日本にはない STOPサイン、 色分けされた路上駐車ルール、スクールバスに出会ったら? など、事前に 情報を集めておくには、このようなガイドを読む以外にはありません。

On the freeway
LAダウンタウンへ向かうフリーウェイ


手続きは簡単

レンタカーは、日本から予約しておくと簡単です。
Hertz Rent-A-Car(ハーツ・レンタカー)なら、ネットからでも予約できるし、 もちろん旅行会社から手配も可能で、前払いしてバウチャーを現地で渡します (国際免許証とクレジットカードも必要になります)。保険の確認をして、 諸注意を聞いたら完了!
と書いていますが、実はもう何年も、バウチャー使ってませんので、もしかしたら 正確ではないかも!? というのは、(年会費がかかるものの) 『Hertz #1 Club Gold』会員になっているので、 日本で予約したら、あとは現地で専用カウンタへ行き、ボードで名前と駐車位置番号を 確認するだけ。 駐車位置に行くと、キーがついた車があり、契約書も置いてあるので、サイン、以上! 暑い時期だと、到着にあわせてエアコンを入れておいたりしてくれる!! 一息つく間もなく(?)出発可能!
どちらの場合も、(LAXの場合)いったん空港ビルを出て、道路の中央にある待ち合い場所を 探して待ち、レンタカー会社の巡回バスでオフィスまで乗せていってもらいます。 英語が苦手でも大丈夫、予約表を運転手に見せればOK。 ターミナルを巡回後、ハーツのオフィスに向かいます。 最初の停車は『Hertz #1 Club Gold』専用カウンタなので、降りないよう。 私はここでお先に失礼、です。
その後、一般のカウンタに到着しますので、降りて、オフィスに入り、 順番に手続きをすれば完了。 保険は全部入りましょう。 追加ドライバー登録もここで。有料ですが、登録しないと保険が効きません。
ときには希望のサイズの車種がなくて、無償で大きなサイズにアップグレードされることも。 ミッドサイズを希望してたとき、たまたまそのサイズがなく、フルサイズ、そして 「ネバーロスト」(カーナビ)付きの車を貸し出されたこともありました!
ウィンカー、ライト、ミラー調整など、 操作方法をひととおり確認したら、出発!!

CS放送EXエンタテイメント(旧トラベラーズTV)の英会話旅番組 トラベラーズ・イングリッシュが 本になった! LA/SF編からニュージーランドまでの4回分を収録。 リポーター林 美貴子さんの食事っぷりには注目です。今すぐ食べに行きたくなります!

View from Westin LAX
ウェスティンLAXよりセンチュリーブルバードを眺める


すぐにフリーウェイに乗らなくては

まずは地図でハーツレンタカーがどこかを確認しておきましょう。 今いる場所の把握は重要です。 また、返却ゲート(レンタル開始=チェックアウトの ゲートの近くですが、別のゲートです)の位置も確認しておきましょう!
私の場合、ちょっと古いソフトですが、「Streets USA」というソフトを持っていますので、 走行ルートはプリントアウトして持っていっています。 Target(大手ディスカウントストア)などでしっかりした地図も手に入りますが、 重くてかさばるので、あまり持って行くことはありません。
この地図の中央の南北に走る Airport Blvdの、Aの文字のあたりがハーツです。 Google Mapsのベータ版です、ご参考まで。
まずはインターステート405(I-405)をサウスに向かいましょう。 フリーウェイの入り口は、道路の流れを大きく見て、サウスまたはノース、あるいは ウェストまたはイーストで書かれています。ナビする人は、乗る方角を英語で言いましょう!

アメリカ50州の情報が、まんべんなく記述されている本が出版されています。 実際には行けなくても、各州の違いが楽しめそうですが、価格はお手ごろです。 他の本などとあわせて 1,500円以上で配送料が無料です。消耗品などもありますよ!


あとは道なりにひたすら

I-405に乗れればもう走るだけ。
ディズニーランドのあるアナハイムを過ぎ、I-5と自然に合流すると、ロサンゼルス脱出です。 都市部を抜けると一気に何もない地域に入ります。工業地帯さえなくなり、 荒野と基地(?)が続き、フリーウェイ出口すらないエリア。途中には休憩所もあるので、 トイレ休憩などは早めに! 走行スピードも速いので、 車線変更やカーブには注意。
さらに I-5を南下するとカールスバッド、 そして I-805との分岐を過ぎ、シーワールドのある Mission Valley(ミッション・バレー)。 そのまま進むとダウンタウンを過ぎて、有名なリゾートホテル Hotel Del Coronado (ホテル・デル・コロナド)のあるコロナド・アイランドに入っていきます (コロナド・ブリッジは有料だったかも)。
いきなり観光にでる前に、ホテルにチェックインして一休みがおすすめです。 コーヒーでも飲んで疲れを取ってから。街の運転は神経も使いますし。 ホテルのチェックインは3時とか4時とか書かれていますが、準備ができていれば それより前でも大丈夫。ホテルのメンバーシップ(航空会社のマイレージのようなもの)に 入っていれば、よりうまいこと手配してくれますので。


駐車場には困りません

このコラムの最後に、駐車場の状況を。
日本では駐車場の心配がつきまといますが、Californiaでは、まあ大丈夫です。 San Diegoなら、大抵のショッピングモールやレストランには、 広大な駐車場があり、無料でとめられます。 逆に、短時間でも路上駐車は厳禁です。 路上駐車OKの場所もありますが、そのあたりは「地球の歩き方 アメリカ・ドライブ旅行」 などで勉強してからのほうがいいです。

ガイドを読んでもわかりにくいことも多いです。フリーウェイでのカープールレーンとか、 料金がかかる橋通行料のカープールとか、ショッピングモールにある一方通行の 駐車方法(カリフォルニアでは大抵頭から突っ込み、バックで出ます)とか、 でも読んでおいて損はありませんよ。


Los Angelesなどの都心部はちょっと困る場合もあるかもしれませんが、 そんなに激しく困ることはありません。基本的には都市部では有料駐車場になり、 便利なところはそれなりに高い料金を取られます。 穴場の駐車場を発見したら、 教えてくださいね!
あとは、日本では多くない「バレーパーキング」(係員に自動車を渡してとめてもらい、 帰りに出してもらう方式)が結構たくさんあるので、少しいいレストランに行くような場合は、 ご注意を。車内に貴重品を置かないよう、 そしてスマートに渡せるよう。

Century City Garage
ショッピングモール地下の駐車場
情報:2005年3月まで、記述:2005年3月
▲ このページのトップ ● フォトエッセイ目次